おさるうるる日記


京都に住む「おさる」の日々つれづれ日記。
by marisin15

2008年 04月 27日 ( 2 )

第36回ローザンヌ国際バレエコンクール

c0154882_23542952.jpg

いつも楽しみにしている『ローザンヌ国際バレエコンクール』の模様が
今日のお昼NHKで放送された。もちろんかぶりつきで見る。
1位を取ったのはスペインのアレックス・マルティネズ。
まだ15才だというのに素晴らしいパフォーマンスで圧倒された。
大きな拍手とブラボーの声まで上がっていたけど本当に納得の踊り。
日本の高田茜が5位で入賞。日本人が入賞するのは嬉しいことだ。
(彼女の踊りは少し地味な感じで私の好みではなかったけれど。)
今日の解説は大原永子さん。非常にわかりやすく頷くところが多かった。
むか~し解説をされていたパリ・オペラ座バレエ学校の校長先生
クロード・ベッシーさんは今どうしているんだろうなぁ。
彼女のコメントは辛口(時に毒舌)で大好きだったんだけど…。

しかし年々コンクール自体のレベルが上がってきている。
今年はアジア勢が少なく(毎年見かける韓国、中国のダンサーが
一人もいなかった)オーストラリアやブラジルのダンサーが多かった。
今までほとんど見たことの無いブラジルのダンサー達だが
皆が皆すらっと細身、しなやかで柔軟な身体を持っているのには驚いた。
これからどんどん出てきそうな予感。
しかし日本人もスタイルがすばらしく良くなったねぇ。
頭は小さく、肩もなで肩、手足はどこまでも細く長く…ひざなんか全然出ていないし。
欧米のダンサーとも肩を並べて競い合えるようになったんだなぁ。
数年前にはスタート地点が違う!という感じだったのに。しみじみ…。

踊ることがただ好きなだけではやっていけないのがバレエダンサー。
持って産まれた「からだ」や「骨格」に大きく左右される残酷な職業だと思う。
それとセンスや素質もある。生まれついての「スタークオリティ」。
こればっかりは教えてもらって伸びる、と言うものではない。
私達に喜びや感動を与えてくれるダンサーというのはつくづく
神様に選ばれた人なんだなぁ、と思う。
[PR]
by marisin15 | 2008-04-27 23:51 | つれづれ

運ふたたび

c0154882_0495296.jpg

サントリーのゼロ生が当たりました~♪
ビールがちょうど無くなりかけていて「買いに行かなきゃ」
と思ってたんでグッドタイミング!
今日早速飲んでみたけど…う~む。CMは結構好きなんだけど。
まぁ発泡酒だからね。只だしね。
サントリーさん、ありがとうございました。
c0154882_0501570.jpg

そしてネットで注文していたプラナロムのアロマオイルも届きました。
「ヘリクリサム」と「ウィンターグリーン」です。
どちらも骨折に効くかな、と思いまして。
しかし、ウチには今キャリアオイルが全然無い…。
明日買いに行ってから患部に塗布してみようと思います。
「ヘリクリサム」は鬱血・うっ帯除去作用から打撲の処置に
よく使われるそう。効くといいなぁ。
湿布のような匂いの中に甘い匂いもあり不思議な香りです。
しかし「ヘリクリサム」は高い!レアバリューオイルなみの値段です。
[PR]
by marisin15 | 2008-04-27 00:54 | 懸賞