「ほっ」と。キャンペーン

おさるうるる日記


京都に住む「おさる」の日々つれづれ日記。
by marisin15

<   2008年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

脱げた!

c0154882_22351197.jpg

今日病院に行って、やっとやっとギブスが取れました~。ひゃっほーっ♪
これからは体重をかけてどんどん足を動かすように、とのお達し。
リハビリ(?)がんばるぞ~。
私の骨折は「第5中足骨骨折」という骨折で、昔高下駄を履いた人が
捻挫してよくこの骨折をしたため、別名「下駄骨折」と呼ばれていたそうです。
足がしびれていてよくわかんなかったけど、
きっと左足首を内側にひねってしまっていたんだろうなぁ。
しかし1ヶ月ギブスはめっぱなしで左足首がずっと直角状態。
筋肉って動かしていないと本当に固まるのね。
足首固い固い。つま先なんて全然伸びません。
のんびり動かせるように毎日ストレッチだな。
今夜は12月から漬け込んでいた金柑酒で祝杯だ~!
[PR]
by marisin15 | 2008-04-30 22:35 | つれづれ

どうにもダメ…

最近よく見るCMでどうにも好きになれないもの。
パフィーが出ているカゴメの「野菜生活」。
なぜだかわからないけど、もうほんっとにダメ。苦手。
こんなに嫌いなのにもう3バージョンぐらいあって
なぜか毎日見かけるので更にイラっ。
どうしてこんなに嫌いなんだろう?自分でもよくわからん。

反対にちょっと古いけど好きなCM。
舘ひろしのジョージア キャンプ編
更に古いけど吉川晃司のワンダショット&ショット
c0154882_1114977.jpg

こんな駅員さんいたら最高!
最近のではルーツ飲んでゴー!三原課長篇。
これはYouTubeに無かった。でもココで見られます。
このCM見ると前職場のK係長を思い出すなぁ(笑)。
缶コーヒーは飲まないのに好きなCMは缶コーヒーのばっかり。
なぜなんだ!?
[PR]
by marisin15 | 2008-04-29 01:12 | つれづれ

第36回ローザンヌ国際バレエコンクール

c0154882_23542952.jpg

いつも楽しみにしている『ローザンヌ国際バレエコンクール』の模様が
今日のお昼NHKで放送された。もちろんかぶりつきで見る。
1位を取ったのはスペインのアレックス・マルティネズ。
まだ15才だというのに素晴らしいパフォーマンスで圧倒された。
大きな拍手とブラボーの声まで上がっていたけど本当に納得の踊り。
日本の高田茜が5位で入賞。日本人が入賞するのは嬉しいことだ。
(彼女の踊りは少し地味な感じで私の好みではなかったけれど。)
今日の解説は大原永子さん。非常にわかりやすく頷くところが多かった。
むか~し解説をされていたパリ・オペラ座バレエ学校の校長先生
クロード・ベッシーさんは今どうしているんだろうなぁ。
彼女のコメントは辛口(時に毒舌)で大好きだったんだけど…。

しかし年々コンクール自体のレベルが上がってきている。
今年はアジア勢が少なく(毎年見かける韓国、中国のダンサーが
一人もいなかった)オーストラリアやブラジルのダンサーが多かった。
今までほとんど見たことの無いブラジルのダンサー達だが
皆が皆すらっと細身、しなやかで柔軟な身体を持っているのには驚いた。
これからどんどん出てきそうな予感。
しかし日本人もスタイルがすばらしく良くなったねぇ。
頭は小さく、肩もなで肩、手足はどこまでも細く長く…ひざなんか全然出ていないし。
欧米のダンサーとも肩を並べて競い合えるようになったんだなぁ。
数年前にはスタート地点が違う!という感じだったのに。しみじみ…。

踊ることがただ好きなだけではやっていけないのがバレエダンサー。
持って産まれた「からだ」や「骨格」に大きく左右される残酷な職業だと思う。
それとセンスや素質もある。生まれついての「スタークオリティ」。
こればっかりは教えてもらって伸びる、と言うものではない。
私達に喜びや感動を与えてくれるダンサーというのはつくづく
神様に選ばれた人なんだなぁ、と思う。
[PR]
by marisin15 | 2008-04-27 23:51 | つれづれ

運ふたたび

c0154882_0495296.jpg

サントリーのゼロ生が当たりました~♪
ビールがちょうど無くなりかけていて「買いに行かなきゃ」
と思ってたんでグッドタイミング!
今日早速飲んでみたけど…う~む。CMは結構好きなんだけど。
まぁ発泡酒だからね。只だしね。
サントリーさん、ありがとうございました。
c0154882_0501570.jpg

そしてネットで注文していたプラナロムのアロマオイルも届きました。
「ヘリクリサム」と「ウィンターグリーン」です。
どちらも骨折に効くかな、と思いまして。
しかし、ウチには今キャリアオイルが全然無い…。
明日買いに行ってから患部に塗布してみようと思います。
「ヘリクリサム」は鬱血・うっ帯除去作用から打撲の処置に
よく使われるそう。効くといいなぁ。
湿布のような匂いの中に甘い匂いもあり不思議な香りです。
しかし「ヘリクリサム」は高い!レアバリューオイルなみの値段です。
[PR]
by marisin15 | 2008-04-27 00:54 | 懸賞

はまってます…

c0154882_23242830.jpg

骨折してから外出がままならず毎日が退屈~。
…で今コレにはまちゃってます。

「豪さんのポッド」
 プロ書評家にして史上最強インタビュアー・吉田豪の
 ポッドキャスティング男気番組。
 時事ネタ、取材した有名人のイイ話、書評、ゲストトーク…
 吉田豪と照山紅葉が繰り広げる
 “コクの深~いトーク”に悶絶必至!

なのだ~。
この3日間ぐらいで全話制覇する勢いです(笑)。
しかし…ウチの近所の図書館、
豪さんの『hon-nin列伝 セキララなオンナたち』リクエストしたのに
音沙汰無しです。
さてはこのリクエストは受け付けてもらえなかったか!?

今から『探偵ナイトスクープ!』です!
なんと!今日の顧問は杉下右京です!必見。
[PR]
by marisin15 | 2008-04-25 23:25 | つれづれ

心は忘れていない…

今日のドラマ『ラストフレンズ』…つらかった。

長瀬まさみ演じる美智留は恋人宗佑(錦戸亮)からDVを受けている。
宗佑から暴力をふるわれている場面を偶然見てしまった瑠可(上野樹里)
はそのことについて美智留に尋ねる。
が、美智留は「私は誰からも愛されたという記憶が無い。でも宗佑は
私を愛してくれている」と話す。
豹変する宗佑を見る美智留の目が生々しく2年前の自分を思い出した。
なんかねぇ、目の前で豹変されると顔から血の気が引いてねぇ、
時間が止まったような気がしてねぇ、喉がからからに渇くんですよ。
「どうしよう」という思考が止まってしまう。これ実際に体験した感覚です。
と言っても私の場合暴力をふるわれたわけではないけど。

実は以前勤めていた職場の上司が非常にヒステリックな方で、
「いつ怒られるか」、「いつ爆発するか」、と毎日冷や冷や、
ビクビク仕事をしていたのです。
本当にいつ爆発するか、何が原因で爆発するかが全くわからない。
さっきまでニコニコしていても豹変する。
こういうのが毎日続くとこちらの神経がやられてしまう…。
段々と「私が悪いのかもしれない」、「いや私が悪いんだ」と自分を責めるようになる。
ドラマを見ていたらまるでそのことが昨日、いや今の事の様に
思い出されて泣けてきた。これってフラッシュバックって言うのかな(笑)。
心底疲れて「助けて」の声を上げた時にはもう遅かった。
会社の中に手を差し伸べてくれる人はいたけれども組織ってそう
簡単には動かない。もう「これはこっちから逃げるしかない」、と
結局仕事を辞めてしまった訳だけど。
会社ってそういうもんだ。個人のそういうことに関わってたら
時間の無駄。絶対に助けてはくれない。
あのまま我慢していたらどうなっていたんだろうなぁ。
「我慢」もいいけど「我慢」しすぎると身体も神経も壊してしまう。
美智留に言いたい。「はやく逃げろ!」と。
[PR]
by marisin15 | 2008-04-24 23:52 | つれづれ

チェッカーフラッグ?

c0154882_0102083.jpg

コーヒー寒天を作ってなんとなくこんな風に並べてみました。
まるでチェッカーフラッグ(笑)。
週に一度の病院通いも今日で5回目。
ギブスは半分になったもののやはりまだ外れず…。
「来週には外せるかなぁ。」と先生。期待半分に聞いておこう。
しかし骨折した足ではない方、つまり右足はこの事態で
かなり鍛えられたと思う今日この頃。
松葉杖も慣れてスピードがついて来た。
ついでに上腕二頭筋も日々鍛えられているぞ。
この骨折にも意味があるのかもしれないなぁ。
寺門琢己せんせいがこう言ってた…。
『骨折等の強制的にからだを動かせなくなる怪我やギックリ腰等は、脳や内臓などをいつものように使う事ができない為、結果的に疲労をゆっくりと改善してくれる事につながります。また<からだは壊しながら治す>という考え方があります。こわす箇所=弱い部分ですが、修理をする事によりパワーアップします。』
怪我や病気は恐れずにステップUPや新しい世界の扉だと思い、受け入れるのがよいそうな。
ん~そういうもんなのかもしれない。
私の身体は何かと言うと左側が故障しやすいのだ。
肩こり、膝痛も頭痛も左側が多い。
今、左足を骨折して松葉杖を付いていると右肩が異様に凝る。
これって何かバランス取れてるんだろうか!?
[PR]
by marisin15 | 2008-04-23 00:17 | お菓子づくり

再利用

c0154882_07862.jpg

昨日Mさんにいただいた湖華舞プリンを早速いただきました。
私はプレーンを、相方さんは胡麻を。やわらかくて甘さ控えめで美味しい~♪
胡麻味はかなりしっかり黒胡麻を加えてあるみたいで濃厚でした。
かわいい瓶に入っていて空き瓶をそのまま捨てるのはもったいない!
ってことでお花(この前POちゃんにもらったマーガレット)を入れて飾ってみました。
大きさがほどよい感じで素敵です。全部食べたら6本空き瓶が出るので
ガーベラを1本ずつ挿してずらっと横に並べたら可愛いかも。

ドラマ「相棒」が映画化されるとのことで昨日から再放送が始まっています。
劇場版公開までのカウントダウンって感じで盛り上がる~。
昨日は「水谷・寺脇セレクション」、今日が「寺脇康文セレクション」、
23・24日「水谷豊セレクション」、25日「ファンが選ぶベストストーリー」となっとります。
水谷豊は来週のスマステーションに出るようです。
松田優作との友情についても話すようで「越境者 松田優作」を
先日読み終えた私としては興味津々。楽しみ。
[PR]
by marisin15 | 2008-04-20 00:07 | つれづれ

嬉しいお客様

c0154882_0124099.jpg

今日は派遣先で知り合ったMさんが来てくれました。 素敵なお見舞いの品を携えて♪
滋賀県の湖華舞牧場へ行かれたとのことで牛乳&プリンの詰め合わせ。
ほんとおいしそ~。 きっと牛乳もプリンも濃ゆいんだろうなぁ。楽しみです。
「賞味期限があるから…」とわざわざ急いで持ってきてくれて。
以前にこの牧場のことも教えてもらっていたのだけど 足がこんなになってしまって
行けずじまい…。 本当にありがたい。嬉しいなぁ。
牛乳&プリンでカルシウム補給。がんばって治します!

Mさんも小さな頃に足の骨(大腿骨)を骨折したことがある とのことで
二人して骨折ばなしに花が咲きました。
話しを聞いていると今のギブスはすごく進化しているみたい。
私のギブスは石膏で固めているのではなく、包帯自体が固まっているので
かなり軽く通気性もいい。昔のはすんごい大掛かりで大変だったんだって。
特に盛り上がったのはギブスを切るときの話し。 私の時は小さめの電動丸ノコ!
しかしこれが本当に恐かった。「ウィ~ン」という「今から切るでぇ~」という音で
かなりびびりました。 看護婦さんが「足は切れないから大丈夫!」と言ってたけど。
ほんとなんだろうか!?
Mさんの時代はなんとチェーンソーみたいな大きなものだったらしく
すごい恐怖だったそう…。 ギブスが分厚いから切るのもチェーンソーだったのか!?
しかし本当に恐いですよ~。もう二度とイヤです。
[PR]
by marisin15 | 2008-04-19 00:18 | つれづれ

脱け殻


c0154882_23133586.jpg
せっかくの誕生日なのにギブスは完全には外れず…。
今は、脱け殻を再利用して半分つけている状態。(↑図解参照)
「お風呂に入る時ははずしていい」、とのこと。
今夜はひさびさの湯船を堪能しようっと。
しかし人間の新陳代謝がどれほどのものか?
2週間装着しっぱなしだったので楽しみなような恐ろしいような。

c0154882_23142047.jpg

相方さんから誕生日プレゼント。
ケーキとCDでした。

今日の本                     ●『乳と卵』 川上未映子著       
c0154882_23144596.jpg 言わずもがなの第138回(2007年下半期)芥川賞受賞
作品。娘の緑子を連れて豊胸手術のために大阪から上京
してきた姉の巻子を迎えるわたし。3人で過ごした2泊3日
のおはなし。母国語が大阪弁でない人にはやや読みづらい
かも。もちろん私はすいすい読めたが。つくづく女の話し。
男はどうやったってこんな風に自分のからだについて
感じたりはしないだろう。爆発の後に快方に向かう感じは
なんとなくカウンセリングっぽくもあり。
自分の身体については私もこんな風に小さい頃
感じていて深く共感。それは嬉しくも何ともなくただただイラ
イラするものとしてとらえていたから。この小説はそこんとこ
をどろどろしたもんではなくからっと乾いた感じで描いていて
おもしろい。ところどころ「フッ」と鼻で笑ってしまうような所も
あり。人によってはかなり楽しめると思う。楽しめない人は
とことん楽しめず拒否反応を起こしそう。
[PR]
by marisin15 | 2008-04-15 23:19 | つれづれ