おさるうるる日記


京都に住む「おさる」の日々つれづれ日記。
by marisin15
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

躁と鬱の間には…

c0154882_9443852.jpg
暑さを忘れて読書…

春日武彦著 『問題は躁なんです』



前書きより
うつがあれば、躁もある。ただし躁が取り沙汰されることは少ない。躁病のみを取り上げた一般書もない。これには理由があって、躁はうつよりも頻度が低い。しかもことに軽躁状態は、見過ごされやすい。明るく元気があってよろしい、というわけである。しかしそれは空疎で騒がしいテレビのバラエティー番組を、明朗で快活さにあふれた楽しいひと時と思い込むようなもので、先入観をあらためる必要があるのではないか。

これなかなか面白いです。
「欝」は「心の風邪」なんちゅう言い方もあるくらいで、
かなり世間に浸透(?)というか認知されてきましたが、
「躁」ってなかなか深刻にとらえてもらいにくいものかも。
本では多くの実際の人物や事件にあたっていて、
あ~そういやぁ、あれって「躁」のなせることだったか…と思うところもしばしば。
著者が「空疎で騒がしいテレビのバラエティー番組云々…」と記しているけれど、
いやはや本当に今の日本は躁と鬱の間を行ったり来たりしているのでは!?
一方では不況、引きこもり、無差別殺人…
一方ではTVのクイズ番組で何百万もの賞金を出して大騒ぎ(この大不況期に!)。
なにかがオカシイ。日本と言う国自体が病気なんだろうなぁ。
あ、これってなんだか岸田秀?むかし熱中して読んだっけ。
まんざら突拍子も無い説でもなかったか…。
※ラジオアクセスのポッドキャスト(4月24日分)でご本人のお話も聞けます。
[PR]
by marisin15 | 2008-07-15 10:02 | 読書

小さなことから…

c0154882_021125.jpg

暑さ対策。その1。ミニ扇風機(笑)。
でもこれなかなかのスグレモノなんです。
足のところにマグネットが内蔵されているので鉄ならくっつきます。
なので台所の流しの上の収納扉に貼っつけて上からの風を確保。
これが結構涼しい♪ちっちゃいからってバカに出来ませんよ。
ウチは見た目カウンターキッチンなんだけど四方に壁があって、
IHなんちゅうおされなモンじゃなくガスコンロ! 台所はまさしく亜熱帯。
でもこれなら上からの風なのでコンロの火も動かないし重宝してます。

それとこんなのも買ってしまいました。
c0154882_0212578.jpg

その2。「朝までクール」の枕用です。
河原町のロフトで10%引きでした。
使ってみたけど効いているのか、いないのか!?
確かにひんやりとはしますが…朝方にエアコンのタイマーが
切れるとこちらの効果も切れます(笑)。

その3。髪の毛も切りました。ショートです。
京都の夏は断然ショートヘア!
もしくはくくれるぐらいのロングヘアでないと乗り切れまへん!
祇園祭に来る人は覚悟してお越しください。

その4。自家製ジンジャーエール。
c0154882_0215815.jpg

ハチミツに生姜のスライスを漬けただけ。
サイダーで割れば自家製ジンジャーエールです。
さっぱりしていて美味しい♪生姜だから冷えすぎない。
売っているのより断然おいしいです。

今日のお昼…京都は35度あったそうな008.gif
京都のこの暑さを回避出来るのならなんでも試したい!
何かいい方法があったら教えてくださいm(..)m。
[PR]
by marisin15 | 2008-07-14 00:23 | つれづれ

okiniiri

c0154882_0233370.jpg

最近お気に入りの漫才師。NON STYLE
と言ってもご存じない人の方が多いですかねぇ。
左側の石田君が好きです。
全身白い方です。
演歌歌手のジェロと仲がいいらしいです。
そして信じられないくらいの虚弱体質(笑)。
今年のM1はくるんぢゃないの~?なんて。

最近読んだ本。 桐野夏生著 『東京島』
c0154882_0113770.jpg結局…図書館の予約をキャンセルして買っちまいましたが
激しく後悔。やはり買うほどではなかった。
設定の割りに内容が薄っぺらくて、切迫感が無い。
どうなんでしょうねぇ、これ。
無人島ものと言えば、すんごい昔に観た映画『蝿の王』。
そっちの方が数倍、数百倍ショッキングだったなぁ。
(あまりに昔のことで頭の中でショック度が増幅されている可能性あり。)
『東京島』…映画化するなら清子は大竹しのぶですかね。
[PR]
by marisin15 | 2008-07-13 00:26 | 読書

Dr.苫米地

c0154882_0124929.jpg

前にもラジオで対談聴いてぶっ飛んだんだけど…。
苫米地英人氏。おもしろすぎる。
今月のミランカ『博士も知らないニッポンのウラ』
必見です。特にマルクスと資本論の話しは面白かった。
しかし…Dr.苫米地。あやしい、あやしすぎる!
思わず図書館で「洗脳原論」予約しちまいましたよ。
こうなったら奇跡の着うたも(笑)!?

c0154882_0165063.jpg最近読んでかなり面白かった本。
バンドマン20人の音楽人生劇場、
プロインタビュアー吉田豪によるインタビュー集。
登場するのは…


森若香織,氏神一番,関口誠人,ダイヤモンドユカイ,水戸華之介,
中山加奈子,阿部義晴,いまみちともたか,BAKI,石川浩司,
サンプラザ中野くん,サエキけんぞう,NAOKI,KERA,仲野茂,
MAGUMI,KENZI,イノウエアツシ,DYNAMITE TOMMY,大槻ケンジ。

あ~濃い。濃ゆすぎる。
なつかしくすっぱい青春時代。
やっぱり唄うたいはなんか抱えてるなぁ。
背中にしょってるよなぁ。
それでしか生きていけない人たちのお話で
色んな意味でかなり重いけど納得の1冊。
[PR]
by marisin15 | 2008-07-10 00:18 | つれづれ

SEIKO


c0154882_23552457.jpg
昨日、松田聖子のコンサートに行ってきました。ふふふ。
本当は私の母が行くはずだっだのが夏バテで行けなくなり
急遽私が代わりに行くことに…だもんで只で観てきました。
なま聖子…若い!綺麗!歌うまい!あの細い身体のどこから
あんなエネルギーが湧いてくるのか本当に不思議。
そういやぁウン十年前に聖子ちゃんカットとか流行ったよなぁ。
当時からものすごい好き!と言うわけでは無いんだけれど
非常に興味深い人物ではありました。なので結構楽しめたかな。
あのコンサートの構成は聖子にしか許されないと思う。
つくづく人を幸せにする才能のある人ですね。
会場内の平均年齢が高かったので気分は楽でした。
あと40、50歳代で夫婦で来ている人が多くてびっくり。
でもそれって(嫌味じゃなく本気で)幸せなことだなぁ、と。

聖子の歌の歌詞は
「あなたにそっと寄り添う…」とか
「あなたに付いて行きたい~」とか
とうてい本人の人生とは正反対の内容なのが面白いなぁ。
本人は真剣にそういう人生を望んでいるのかもしれないけれど
そうでない人生を歩むような宿命なんでしょう、きっと。
青春プレイバック!って感じで2、3歳若返ったような錯覚に
陥りましたが、久しぶりのコンサートに疲れてどっと老けたので
プラスマイナス0って感じかな(笑)。でもまた行きたいかも。
聖子ちゃんのMCはめちゃくちゃ礼儀正しい感じでそこもまた良かったっす。
言葉遣いがとても綺麗で学校の先生みたいな雰囲気。
いやぁ、楽しませてもらいました。
[PR]
by marisin15 | 2008-07-06 23:54 | ミュージック

タコそしてブタさん

半夏至って初めて知りました。こういう意味だそうです。

「夏至から数えて11日目にあたる半夏生(はんげしょう)の天候によって、その年の豊凶を占うため、豊作を祈る日だと伝えられています。今でもそのなごりとして、関西では半夏至にタコを食べる習慣があり、稲の根がタコの足のように広がって、しっかりと大地に根づくようにという願いがこめられているそうです。」
c0154882_22424558.jpg

というわけで今日はタコ飯。今朝の『はなまるマーケット』でやっていた
枝元なほみさんのレシピでつくりました。ん~簡単でなかなかおいしいぞ。
c0154882_22433946.jpg

そしてブタさん。蚊がいるんですよ~。我が家は3階なのに…。
もっと高層階なら蚊は出ないんでしょうかねぇ。
昔っぽい感じでかわいいです。河原町のロフトにて購入。
明日から働いてもらおうっと。
[PR]
by marisin15 | 2008-07-01 22:43 | つれづれ